院内検査

X線(レントゲン)検査

肺やお腹の状態、骨折の有無などが分かります。バリウムを使った胃透視検査なども行います。


心電図検査

心臓の状態を検査します。

心臓が正しく動いているかどうか、心臓発作がないかなどが分かります。


経口内視鏡(胃カメラ)検査

食道、胃、十二指腸などの上部消化管における炎症、病気(ポリープ、潰瘍、ガンなど)が
分かります。


超音波診断(腹部エコー)検査

肝臓、胆のう、腎臓、脾臓、すい臓などの状態が超音波によって分かります。

胆石、腎臓結石、のう胞、各種腫瘍などの発見にもつながります。


血液検査

白血球、赤血球、ヘモグロビンなどを測定することで、体内の炎症状況や貧血の病態などが
分かります。


尿一般・尿沈渣検査

尿検査では、尿中のタンパクや糖、白血球、赤血球などを測定します。

これによって、膀胱炎などの感染や炎症、及び糖尿病の診断を行います。

また、尿沈渣では、顕微鏡を用いて、細菌や結晶の有無、判定などを行います。

視力・聴力検査

視力・色覚及び聴力を測定します。

雇用時、施設入所時などに必要な検査が出来ます。